2018年4月15日日曜日

Windows で Node.js の開発環境を作る

ここからパクッてる。
http://tyru.hatenablog.com/entry/2017/03/13/162318

nodist のインストール

Pyenv のようなもの。ちなみに Pyenv は好きじゃないので使ってない。

nodist をインストールできたら安定板の node.js をインストールする。
nodist + 8
nodist 8.11.1

windows-build-tools のインストール

npm を使用するうえで c++ のコンパイラや python のランタイムがいるらしい。へぇ。
Administrator として起動した PowerShell で以下コマンドを実行。cmd でやってエラーをいただいた。
npm install --global --production windows-build-tools

2018年3月5日月曜日

Windows Subsystem for Linux の Ubuntu に GIS 環境を整備する

WSL (Windows Subsystem for Linux) 使ってますか?
msys2 やら古くは cygwin やらいろいろ Unix ライクな環境を Windows 上に作ろうと苦労してきましたが、最近は WSL の Ubuntu で落ち着いております。

さて、基本はコマンドラインでのお仕事に使ってるわけですが、gdal ぐらいは使いたくなるわけなんですよ。その手順です。って Ubuntu なんで WSL 固有の操作なんてないんですけどね・・・。
$ sudo add-apt-repository -y ppa:ubuntugis/ubuntugis-unstable
$ sudo apt update
$ sudo apt install gdal-bin 


2018年1月30日火曜日

Mac で GIS 環境を整える

python

brew install python
brew install python3

geos

brew install geos

proj

brew install proj --with-vdatum

gdal/ogr

brew install gdal --with-libkml --with-postgreql --with-python3 --with-complete --with-opencl

postgis

brew install postgresql
brew install postgis --with-protobuf-c

gdal/ogr2

brew tap osgeo/osgeo4mac
brew install gdal2 --with-postgresql --with-sfcgal --with-complete --with-libkml --with-opencl

grass7

brew install grass7 --with-netcdf --with-postgresql

qgis2

brew install qgis2
pip2 install psycopg2 matplotlib pyparsing requests future jinja2 pygments
brew linkapps qgis2