2015年12月11日金曜日

QGIS GEOHEX Plugin

NPO法人 オープンコンシェルジュ の松浦です。

この記事は FOSS4G Advent Calendar 2015 の 12/11 の記事でっす。

みなさん GEOHEX ってご存知ですか?
GEOHEX は @sa2da 氏が開発した世界地図を隙間なく敷き詰める六角形(ヘックス)です。

GeoHash やタイルスキーマの六角形版のようなものをイメージしてもらえればいいと思います。

こちらで @sa2da 氏作成のデモが見られます。

GEOHEX の詳しい仕様については公式ページをご参照ください。

で、本題に入りますが、GEOHEX は見た目もかっこいいし、便利に使えると思うので多くの人に使ってほしいのですが、簡単に GEOHEX を作成するようなツールがありません。
GEOHEX を扱うためのライブラリは多くの言語に対して実装されていますが、できることなら GUI でサクッと作りたいですよね。

というわけで QGIS の Plugin にしてみました。
2年前に Python 用のライブラリを書いていたのでそれを使用してやっつけで作りました。
(Python ライブラリもライセンスを定義しないまま放置していたので MIT ライセンスをこの機会に設定・・・)

使ってみよう

QGIS にこの Plugin を入れると、下のように緑の六角形のアイコンが追加されます。アイコンがダサいのは許して。
これをぽちっと押すとダイアログが出て、GEOHEX のレベル(サイズ)と作成範囲の元となるレイヤを設定します。

レベルは 0 から数字が大きくなるにつれて GEOHEX のサイズは小さくなります。キャプチャの表示範囲でレベル 9 とか 10 にすると QGIS 様が沈黙しやがりますので注意してください。

作成範囲 (Set extent from:) はレイヤを選択するとそのレイヤを内包する最小の四角形の範囲と重なる GEOHEX がすべて生成されます。リストの最後の "Current Map Window" を選択すると表示されている範囲を六角形が埋め尽くします。やってみよう。



これでレベル 5 です。次にちょうど地図の中央に見えるポイントレイヤー(室蘭市公開のAED設置場所を示すオープンデータ)を内包する範囲で作成します。レベル 9 で!



かなり拡大しましたが、それでも細かいw



Plugin の入手とインストール

現在この Plugin は QGIS の公式 Plugin レポジトリに登録中ですが、まだ許可?が出ていないので QGIS の Plugin ツールからインストールすることはできません。
そしてやっつけのコードで許可してもらえるのか怖いw

というわけで使ってみたいという方は以下のリンクからダウンロードしてください。
https://onedrive.live.com/redir?resid=F359D930199F0E64!1592&authkey=!AFTJ10mLaGzO4Ys&ithint=file%2czip

ダウンロードしたら zip ファイル内の「GEOHEX」フォルダを QGIS の Plugin ディレクトリにフォルダごとコピーしてください。
Windows の場合は「C:\Users\ユーザー名\.qgis2\python\plugins」、Unix 系 OS の場合は 「~/.qgis2/python/plugins」ですかね?。
コピー後に QGIS を再起動すればインストール完了です。

その他注意事項など

GEOHEX レイヤーの保存先

作成された GEOHEX レイヤーはメモリ上に保存されます。なので、広範囲で細かい HEX を発生せるとメモリを圧迫するので気を付けてください。
また、メモリ上に保存されていますので QGIS を終了すると消えます。保存したい場合は Shape File や sqlite あたりにエクスポートしてください。

GEOHEX レイヤーの空間参照

そもそも GEOHEX は Web Mercator 前提の仕様ですが、ミクロなスケールでは他の座標系でも使えると思っています。なので現状この Plugin では範囲指定に使用したレイヤーの空間参照を引き継ぎます。
"Current Map Window" を設定した場合には QGIS で現在表示されている地図の空間参照を引き継ぎます。

無謀なレベル設定はやめよう

えっと、たとえば地理院地図を表示して、Extent の対象に選んでしまうと全世界を埋める GEOHEX が作成されます。この時にレベル 0 とかならまだしも 10 とかやっちゃうと高確率でレスポンスが途絶えます。マシンスペックにもよりますが。
警告とか出さずに愚直に六角形を紡いでいく真面目な Plugin なのでユーザー様が気を付けていただければ幸いです。

まだ beta1 です

せっかく作ったので、拡張したりバグをつぶしたりしていく予定です。
直近の課題としては、GEOHEX の最新バージョンに対応していないので早急に対応したいです。ほとんど変わらないと思いますが、-180 度をまたぐ HEX でのコードの扱いが変わっているようでした。

まとめ

GEOHEX は本当にかっこいいし便利だとおもっているので、これからいろいろ実利用を検討していきたいなと思っています。

かっちょえー UI の地図アプリに表示された GEOHEX をぽちっとタップするとドローンがそこに飛んでいくとか!

オープンデータの可視化とかにも使えそうですよね。

以上今年の年末の一番大事な仕事を終えます。
次は yuskesuzki@github さんです!

2014年12月13日土曜日

PostgreSQL(PostGIS) でベクトルタイルを作る決意を固めたものの挫折しそう

この記事は FOSS4G Advent Calendar 2014 の 12/13 (土) の記事です。

さて、ここ1年色々環境が変化したわけで、あまり FOSS4G 関連の場に出ていけてないそんな私ですが、今年は久しぶりに書きたいと思います。
ブログもうやってなかったんですが、このために作りました。来年また使うと思います。

ベクトルタイルです。ベクトルタイルですってよ。
新卒で某オレンジ色のWebで地図な会社に入って、退職するまでずっと地図画像作ったり、配信していたわけですが、ベクトルタイルに関してはちょっと距離を置いていたわけです。
数学的な素養がないとか、クライアントサイドでの描画を行なうための某フリーダムな言語およびデザイン等にあまり明るくないなど色々理由はあるわけですが。

普段タイルタイル言ってるだけではだめだなーって。そう思ったのでベクトルタイルを作ろうと思ったんです。SQLで(オカシイ)。

趣味でいじっている地理空間データはすべて PostgreSQL (PostGIS) に格納しているんですが、RDBMS 内でデータ管理からタイル生成、隙をみてタイル配信までできやしないかとふと思ったのでやってみたら挫折した記録をお届けしたいと思います。
特に PostgreSQL の JSON 関連機能が最近がんがん実装されてきたりしているので、色々夢が広がったんでしょうね、数時間前の私は。

ちなみに RDBMS は前職でも触ってたし、現職では RDBMS 担当なわけですが、どちらかというと DBA 的な部分の仕事が多くて実は SQL 力が低いです。

すごい頑張ったんですが、結果的にはタイルの境界線を発生させる関数しか現状できていません。以下です。


引数に zoom レベルをとります。RECORD 型で zoom レベルと LineString を返します。使い方はこんな感じ。

insert into tileline (zoom, geom) select zoom, geom from create_tileline(16) as (zoom integer, geom geometry);

QGIS で表示するとこんな感じ。

zoom レベルにはそのラインが存在する最大レベルが入ります。この値によって以下のような条件を与えれば、zoom レベルでの使い分けが可能になります。
select * from tileline where zoom <= 10
上の画像は zoom レベル16のラインですが、QGISで zoom <= 13 のフィルタをかけると↓になります。

後は、対象のフィーチャと重なるタイルのラインを Geometry Collection か MultiLineString かなんかにして ST_Split でタイル化完了!とか思ってたんですが、ST_Split が LineString しか取れないらしいです...orz
なんで MultiLine とかじゃないとダメかというと、切断に使うタイルのラインが複数ある場合一回で切らないと処理が超面倒くさそうというかこの短時間では実装できなさそうだったというだけなんですが...orz
MultiLineString を ST_Union する手もあるんですが、処理時間やTempな領域とはいえ一時的にかなりリソースを食いそうだったんでやめました。
やりたかったイメージ↓
ここで Split!!!
というわけでかなり道半ばですが、SQL力向上のためにも継続してやっていきたいと思います。
来年は OPEN KWASAKI で地元貢献目標で頑張ります。